メイン | 2005年10月 »

2005年09月30日

大阪門真の饂飩倉、知ってる?

050929.jpg

はい、阪神優勝しました。
ビールかけって一回やってみたいなぁ。しかし、かれこれ20分くらい掛け合ってるけど、テンション下がらないのが凄いね。
おそるべし!体育会系!おめでと!

阪神ファンは、2年後に優勝なんかすると思っていなかったのか、実感は若干2年前より薄めですが、、、

写真の饂飩!「饂飩倉」大阪門真の163号線、教習所入り口交差点から東に数百メートルで黄色い看板が見えてくる!
みなさん、この饂飩の名前は「アルプスの少女」言うんですって!

40センチくらいの直径の腕にうどん、ネギ、肉、エビのてんぷら、限りなく厚揚げに近い畳一畳分のあげ、しめて一杯2,800円ナリ!

完食後、動悸が止まらなかった・・・。
2,3日前に目覚ましテレビでやってたみたいね。

ま、是非一度行ってみて!

阪神優勝の実感は薄いけど、ここの饂飩のダシは濃いよ!


2005年09月26日

F1ブラジルグランプリ!アロンソ優勝!

050926.jpg

決まっちゃったよ、鈴鹿まで持ち越しを期待したのに・・・・いや、まだコンストラクターズがある!

日本の裏側、ブラジルで史上最年少のF1チャンピオンが決定した。
参戦4年目、若干24歳一ヶ月でのチャンピオン。

ライコネン、アロンソの時代が来た。

スペインという国は、車のメーカーがあるにはあるが、大きなメーカーがないぶん国レベルでのF1の浸透性は非常に低い。
そんな国を背景に、彼はF1をスペインの国民全員に知らしめたといっても過言ではないだろう。
国王から名誉国民の称号みたいなものも送られ、名実ともに彼は国が誇る英雄となった。

僕自身、行ったことはないが、あこがれの地、スペイン。
ラテン系の人種に、最近はレアルマドリードや大久保のいるマジョルカなどが有名。
あと、サルバドール・ダリなんかも有名。
情熱の国スペイン。行きたいな。

彼自身、チャンピオンに最年少でなったとは言え、それはそれは孤独な戦いだったのだろう。
日本で、松井やイチローが国民的人気のある野球でアメリカに渡った背景とは明らかに違う。
国の後押しなしで、彼はそれを成し遂げた。

僕にとっては、ずっと応援していたので、非常に嬉しい。
それも、僕の誕生日(正確には日本時間で26日なので、次の日)に決めてくれた。
最高のプレゼントだ。。。。といいたいところだがぁ!!!!

鈴鹿、再来週行くのに!!決まっちまった!ライコネンのアホウ!
モントーヤ!何してんねん!追い抜かんとブチ当たれよ!

と、自分のことしか考えないで、昨夜未明に叫んでいた小生であった。

さ、鈴鹿まであと12日!
コンストラクターズで今度はアロンソとフィジケラの満面の笑みを見たいものだ。


2005年09月25日

チャーリーとチョコレート工場!

050925.jpg
ハリウッドが誇る超B級コンビ。ストーリーには突っ込み無用

今日は、キルビル2以来の映画館に行った。
そう、興行収入1位(本日時点)の「チャーリーとチョコレート工場」

ごめんクサイである。
これまたクサイである。
チャーリー違いということは置いといて(しかも関西ローカル)、
「エドウッド」、「シザーハンズ」、「スリーピーホロウ」など、数々のややヒットを生み出した、
鬼才(奇才)ティムバートンと最近男前路線で売れてしまって、「ラスベガスをやっつけろ」、「ブロウ」などの演技が本筋と思っている僕にとってはジョニデ様人気がやや不可解なジョニーデップ。
この二人が組むということは、内容の焦点はストーリではなく、表現方法であるということだ。

この二人が組むには訳がある。
つまり、お互いの感覚的な説明がいらないどころか、無意識に意思疎通を図れてしまうという点にある。いわゆる「きっしょい」という、僕にとっては100%褒め言葉なところ。

さて内容だが、ストーリーにおいて語る部分は特にない。ひとまず、モノを作る者たちのこだわりが全てだと思う。
表現というのは何も、映画の完成度だけに限ったことではない。
その一瞬一瞬を楽しんでもらえたらと思う。

正しい映画の楽しみ方として、ストーリーだけではなく、そのシーンごとの表現をあなたなりに深く感じ取っていただければと思う。

よぉく見てみて、笑いの基本、矛盾した日常、無理のある常識、そういったものに対する表現者の創作がこういったカタチで創られているから。


2005年09月23日

iPodな〜の。

050923.jpg
小っちゃいより、薄い!僕は傷だらけお構いなしに使おうと思う!

monogenic.net&nublogを組立中、そして無休の忙殺期間にはいろんなことがありました。
まず衝撃的なiPodの最期。画面には「をぃ!ワシャサポートが必要でっせ」と突き放したメッセージ。サポートにつなぐと見積りは3万円弱。しかも、保証期間3日すぎて死亡。

よって、今後は無敵の保証(落として踏んでも修理してくれる)ソフマップにて購入。
ついでにiPod20GBも購入。こいつはデータ運びとデジカメのストレージにしよう。

話は戻ってiPodな〜の。(nanoはナノではなくナ〜ノ)
ゲームボーイミクロがマクロに感じる薄さ。

ポッケに収納、チャリンコ快適。家で掃除機かけながらもミュージックライフ&脳内ヒキコモリを満喫。

思えば、アップルの戦略は世界的にも確実にトレンドを突っ走っているし、アメリカが日本に施した消費文化至上主義にも見事にマッチング。
そして、小さければ何でも「かわいい」と言ってのける恐ろしい市場把握も完璧。

そんなこんなで、日本の消費文化に反抗しつつもすっかり毒されている小生は、
完全なるミュージッカホリックになってしまっています。

ハッキリ言おう。

迷っているヤツは買え!買っちまえ!


2005年09月22日

事故。トラックばっしゃ〜〜〜ん!!!

050922.jpg

ある日の仕事中、外から轟音(がしたらしい。僕は席を外していた。)

で、ウチの職場は高速道路沿いにあって、そこでの事故かと思いきや、現場はビルの真下。一回はパチンコ屋で、辺りは騒然。

「おお!トックラがけこてる!」

しかも辺りに砂をぶちまけて。
Uターン失敗か、右折失敗。
確実にオーバーステアのタイア痕。

歩道は砂まみれ。やじ馬根性丸出し。

このカテゴリー「突っ込まずにはいられない」は、一発目のネタから突っ込むの意味が多少違うネタになってしまった。

すまない。


2005年09月21日

宝塚造形芸術大学 学園祭ライブ!

050920.jpg
満員のクリスタルステージ。最高の機材と最高の観客!ライブは大成功!

初めての学園祭が、まさか卒業3年後になるとはオモワナンダ。

今回はマニュピレーターとして、VJとして、舞台監督として参加させてもらいました。
しかも、兄弟でのライブは初!

見に来てくれた人、スタッフ、メンバー、感謝感謝です。
いいライブになりましたとさ。

懐かしい面々にも会え、新しい出会いもあり、やってヨカッタって感じです。

次は、来月11日心斎橋なり!


帰ってきたnublog

ただいま。
皆さん。また宜しくです。

過去の書き込みも徐々にこっちに引っ越ししていきますんで。
そこんとこも宜しく。