Previous Page | Top Page | Forward Page

2005年10月14日

○ークルK○ンクスのバカぁ!

最近、とんでもなくカーブームだ。
愛読紙、ヤングジャンプでは「カウンタック」たる漫画が大ヒット。(作者は梅澤春人)
スーパーカーブームのまっただ中に生きた人たちが、金銭的にもそこそこ裕福な層になりつつあり、
夢であった“スーパーカー”を本当に手に入れてしまったりしている。

ま、みんながみんな裕福な訳ではないが、実際にサラリーマンでもスーパーカーを手にする人はいるようで。
独身貴族が30代までも青春を謳歌する時代だ。僕には異論はないし、自分もそうありたいと思う。

僕はスーパーカーブーム世代ではないが、父親が車好きで、幼い僕の欲しがるものはいつもミニカーで、
小学校1年になったときに買ってもらったポルシェの鉛筆削りは未だに使っている。

走り屋でもなければ、チューンナップにも興味はない。ただその“カタチ”に心底惚れている。
もちろん、所有したいとも思う。

だがしかしハウエバー!サークルKサンクスに行くと、ほらそこには、、、、

051014.jpg
1/64スケールのダイキャスト製フェラーリが、アナタに選ばれるのをBOXの中で待っている。
フェラーリ社の協力と公認があってこそのリアルなディティールに、誰もが驚くはず。集めずにいられない、
飾らずにいられない、そんな世界がここから始まる。


サンクスの意地悪ぅ!!!!
お金いくらあっても足りないよ・・・・


051015.jpg
いつになったらこいつにたどりつけるのやら・・・・・

印刷・ホームページ制作はstudiobp

コメント

ホントに、これはもう、買ってしまうねぇ。

僕も、負けませんよ~!
目指せランボルギーニ!っす。

>まろ
デイトナくれるって言ってなかったけか?

>HASHさん
どうも、書き込みサンクスです。
僕の場合、買えるときに走れる車は存在するかすら微妙です。
ま、ガワだけでもいいんですけど、、、、

デイトナちゃんと置いてるよ。
また渡します。

あの後買ったら、スカリエッティ出たよ・・・。