Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年02月10日

changes

060209.jpg

2月も1/3が過ぎました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。iDです。

さて、移り行く景色も何とやら、相変わらず寒い日が続いておりますが、風邪などおひきになりませぬように。

何とか、最近はいろんな意味で心に余裕ができてきたのか、さまざまな環境の変化にも徐々に順応して行き、何とか人間らしい生活を営んでおります。

このブログももう5ヶ月。くだらないことばかりかいておりますが、自分は全くもって首尾貫徹とはほど遠い、いい加減なポジティブシンキングが取り柄の人間だなと日本茶を啜り、「さて、明日はどんな喜びが待っているのか」などど目の前に散乱した仕事の山には目もくれず、外食続きで散漫になった栄養管理には蓋をし、カラムーチョに野菜ジュースというなんとも説得力のかけらも無いものを食しておる次第であります。

・・・とは言ってられない事情もあり、私にも守るべきもののひとつやふたつございます。
これから暖かい春を迎えるに当たって、徹底した栄養管理。気は心です。
風邪をひけば迷惑をかける。社会人の基本です。
整体師であり、東洋医学に精通した友人も言っておられました。

「身体的に冬に無理したら、夏に苦労するで・・・・・」

そんなコトがふと頭をよぎり、食べさしのカラムーチョには封を。野菜ジュースを飲み干し、気持ちを新たにこのブログに向かい筆を執った次第でありあす。

本日、職場で見ていたCX系ドラマ「小早川伸木の恋」。
なんともいたたまれない気分になるではありませんか。
キャッチコピーが「みんな、一生懸命、嘘をついて生きている」ですよ。奥さん。
一生懸命、嘘を?はぁ?
同志のK氏と共になんとも世知辛い世の中に唾を吐きながら、文句をたれ、思い思いを口にする。

凸(^_^)

ま、公に非難をするつもりも、このドラマを引き合いにあーだこーだ言うわけではないですが、
最近、「自分勝手」を時代の物差しで適当に正当化して、美化して、あぁやだなと思うことが多いです。
言っちゃあなんだけど、そんなもん数学でいうとこのマイナスにマイナスをかけたらプラスになりました。みたいなもんで、そのひとつひとつがマイナスである以上、なんの生産性も無いのですよ。奥さん。
「一生懸命」って我々日本人にとっては魔法ですね。
このキャッチだって「一生懸命」を外したら唯の詐欺師ですよ。というか、「みんな」って、僕も入ってるんでしょうか?

「一生懸命、パンにバターを塗っている」
「一生懸命、夜遅くまで起きてみる」
「一生懸命、花に水をあげてみる」
「一生懸命、言い訳を考えてみる」

あれ?なんか違うなぁ。。。φ(。_。)

印刷・ホームページ制作はstudiobp

コメント

黒い子たちが何を言ってるのか、見えなくて気になる…

万物、諸行無常にございまする。
激しく移ろい行く世の中で、「自分」を確立させて生きて行く事が日本人には難しいのかもしれませんな。

>kurukuru

僕のお気に入り。GENEVIEVE GAUCKLER
1967年、フランスに生まれる。グラフィックデザイン・イラストレーション・アートディレクションの分野にて活躍。レコードスリーブのデザインから始まり、その後ミュージックビデオやCM、そしてTV番組のタイトルやショートムービーまでも手掛ける。1999年、インターネット会社boo.comに入り、オンラインファッションマガジンの制作の為ロンドンへと移る。ロンドン滞在中、Me Companyに属し、数々のウェブプロジェクトを制作。2001年よりビデオやウェブサイト、イラストレーションの制作に取り組む。最近では白と黒のシンプルな絵による彼女の初のコミックが出版された。
と、プロフィールが紹介されていたので記します。

書いてあることは僕も読めませんが、親子の会話のようです。