Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年02月12日

一日南港の日。オートメッセ〜フランツフェルディナンド

060212-3.jpg
今日は昼からインテックス大阪で催されていたイベント、「オートメッセ」に友人のマロと共に参戦。
まずは変わったバイクがお出迎え。AKIRAに主演した金田君もやってきているらしいじゃないか。

期待でドキがムネムネする。

060212-4.jpg
二人は足早にブリジストンブースへと。
そう、フェラーリのF1史上最強と謳われる「F2004」である。
というか、いつまでこのマシン展示し続けんねん。去年もあったぞ。


060212-5.jpg
来ているのは前述の金田君だけではなく、K-1戦士「武蔵」もであった。


060212-6.jpg
おおぉ!ドリフトキング土屋圭一氏ではないか!二人のテンションはちょっと上がる


060212-7.jpg
作品名「ケツと尻」

いい加減、カメラ小僧の存在に二人はげんなり。
普段ブツブツしか喋らなさそうな面々がカメラを構えてベラベラ喋る。
水を得た魚とはこのことか?

で、小生のカメラに収められたおねいちゃんはこの程度のものだ。


060212-10.jpg
今中古車市場で小生に最も猛アプローチをかける車といえばこのBMW Z8(中古車市場平均価格1000万円)


060212-8.jpg
今日のメインゲストMAXでございマックス。


060212-9.jpg
探せど探せど見つからなかった、今日のメインディッシュのルノーF1の新車、「R26」は、ライブ会場の両サイドに配されていた。
見つからないわけだ。っていうか、バリケードで近寄れず。セッティングの悪さでディフェンディングチャンピオンカーの風格は無し。


060212-1.jpg
その後、永くからのソウルブラザーF氏とフランツフェルディナンドのライブを観にZeppOsakaへ。
海が近いせいか寒すぎる。
しかも、チケットを鞄から出さずにコインロッカーの鍵を閉めるという失態を犯してしまったい。


060212-2.jpg
ライブは予想通り、大満足。
このバンドが本当の評価を日本民族から得ているのなら、それは素晴らしいものだ。

ライブは終始小生の顔を笑顔に染めてくれた。

まず、曲の構成がいい。あと、リズムがいい。気の抜けたギターの音もいい。
何より、普通に大学生にしか見えないアレックス(Vo)の動きがいい。

「キショカッコイイ」

次の時代のキーワードはこれだ。と、僕が7年前からいっているということは一部の人しか知らない。というか、知らせない。

印刷・ホームページ制作はstudiobp