Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年06月09日

Stradale Bicycle

いやん。でちゃった。

その名もストラダーレバイサイコー。
ハイ。僕の愛車に決定。

現在、僕の運動不足解消の最適アイテムのバイサイコーですよ。 

ちょうど今無印○品のそれにマタガールな僕ですが、調子が悪く、キコキコ漫画みたいな音をたて早半年。
代わりになるようなナイスバイサイコーが見つからず、やむを得ず、乗り回していた僕ちんですが、うってつけのナイスバイサイコーが見つかりました。

思えば、長きにわたる2輪(人力)生活。

ま、言うてる内に、自動4輪に変わるんばなんですが、候補クルマは 2種に絞られました。
イタリアのアイツかアイツ。

700マソのアイツは社用車に。ね、社長?

その前に、いや、4輪になった 暁にもハッチバックなイタリアンカーにこいつを積み込み林の中をバーッと(もんたよしのり風)駆け抜けるもまたおかし。

アルファロメオは、品質自転車範囲を活力とアルファロメオ・ブランドのスポーティな性質と調和しているように作るところです。 全体で、最初である“AlfaロミオStradale”で、3種類の個々のアルファロメオ自転車は、来たるべき年にわたって発売されます。
アルファロメオStradale自転車はミラノに拠点を置くCompagnia Ducale srlと協力して設計されました。そして、Veberフェラーリによって見受けられました。
Veberフェラーリは、ウルフガング・エグジェールとデザインをつくりました、主要なデザイナーで中心木戸アルファロメオ。
Stradaleのフレームの形はダイナミックな矢形のアルファロメオ格子の影響を受けました、常にアルファロメオの突出して重要な特集記事であった特徴は6C、1946年以降これまでにモデル化します2500フレッチャd'Oro. フォークが品質、感情とアルファロメオ・ブランドのスポーティーな性質を強調するために部分的にむき出しのカーボン繊維で理解される間、フレームが鬼ごっこから作られる“scudetto”はアルミニウム直列7005の合金を溶接しました。
Stradaleは高い標準に終わって、ミシュラン・タイヤを除いては、イタリア・テーマで作るものに忠実で、イタリアの構成要素からまったく作られます。
主な供給元は、2x10ギアのためのCampagnolo、28-スポーク車輪とブレーキのためのミーシュと特に前立腺の快適さと保護のために設計されたサドルのためのセラ・イタリアを含めます。 だけでなく、Stradale名は、故意にそれ以外も伝説的なアルファロメオ(例えば1967のティポ33-2 Stradale)を喚起する示唆します。
どこに関して、そして、自転車が使われる方法: 通り(しかし所有者にものすごい感情を提供する製品)の上の毎日の使用のための自転車。
結果は、合同のスポーツ、快適さと優雅さの新しい概念を持ち出す自転車です。 その積極的で細長い線のおかげで、その活力と小型性と共に、Stradaleはアルファロメオのスタイルを識別する全ての要素を結合します。 全体で、自転車はほんの9,8 kgしかの重さでなくて、注文の赤いカバーを標準装備します。 価格はそうです立派な1.690ユーロ、そして、自転車はMirafioriモーター・ヴィレッジでと同様に選ばれたアルファロメオ・ディーラーと自転車店で発売されます。

だってさ。だみだ。ウチの翻訳機、馬鹿すぎてわっかんねぇ。

なんだよ、「中心木戸」って。 なんだよ、「フレームが鬼ごっこから作られる」って。

印刷・ホームページ制作はstudiobp