Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年08月15日

EL PRES!DENTE

060814.jpgみなさ〜ん。お盆ばんわ。monogenicidです!

約1週間ぶりの更新ですが、いかがお過ごしでしたでしょうか?夏休みの宿題は済みましたか?僕は、結構良いペースでやって行ってますよ!

少年の頃も、宿題は夏休み過ぎから初めて、8割くらい終わらして、それからず〜っとしなくて、8月下旬から追いかけられてやっていたですよ。

でも今は、毎日宿題が・・・・・。

盆もボンボン働KINGです!

さておき、今年は夏のサマソニ(そりゃ夏だ)に参戦!勿論、仕事れすよ!

そんな中で、ここは本当にライブ会場かよと思うくらい隔絶された空間でワーキングワーキングなボクチンでしたが、どうぉしても!どぉぉぉぉしても見たいバンドがあったとさ!そう、それはエルプレジデンテ!

マイフェイバリットアーチストのプリンス、デビッドボウイ、レッド・チェッペリンとT-レックスがお手本、しかもグラスゴー出身と来たもんだ!

近年では、シザーシスターズのライブが今は昔、非常に興奮した事も今は昔。

「Without You」もラジオで掛かりまくってたんで知っている人も多いかな?

会場は結構な人だかり。

「お前ら!しんどいなら帰れよ!」って言いたくなるような、地べたでねっ転がったり、くたばったりしている奴らを尻目に最前列近くに強引に行くボクチン。

SEが流れ、ダンテ様(Vo)登場。ドラムのドーンもセクスィにリズムを打つ。腫れぼったい唇が実にキュートである。

あれ、あれれ???頬を伝い落ちる一筋の汗?いや、汗ではない!ボクチン!泣いてるよぉぉぉ!!!

ボーカルのダンテは実にP様さながらで、クネクネハイトーンボイスを僕の鼓膜に響かせる。

特筆すべきはドーンのドラムスだ。実にアンニュイなドラムのようで実にキッチュでキッチョムだ。ほいでいてKeyローラ嬢のexプリンスバンドのウエンディ&リサさながらのコーラスワーク!しかもしっかりとBa、Gtが彩りとリズムを与える!

こんな感じだ!

ここまで読んでみて気になったチミ達は是非とも彼らのオフィシャルサイトに足を運んで欲しい。全曲フルで聴けるから!

3年前のソウルワックス、一昨年ののシザーシスターズ、去年のキラーズに続く、実に充実したUK勢のホットミュージック!

やっぱライブは最高である

印刷・ホームページ制作はstudiobp