Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年08月07日

男気に正直シビレタ。

060807.jpg表彰台で君が代が流れたのを初めて聴いたよ。感慨深かった。

昨日は例のごとくビデオ録画の帰宅後観戦だったのであるが、雨のレースは瞬く間に猛者どもをふるい落としに掛かる。

まずは前戦に続くPP獲得のライコネンが失意のリタイヤ、でも物語はこれだけじゃ終わらないんです!

 

最大の見せ場は、アロンソの挙動不審なピットアウト後の様子に始まる。

原因は未だ明らかにされていないが、放送では、ホイールナットが吹っ飛ぶシーンが何度も放映された。

ライコネンリタイアによって、稼いだマージンはセーフティカーにかき消された。

3度の連続勝利で波に乗るシューマッハの怒濤の追い上げ、路面は1コーナーまでのストレートはほぼ乾いている。

ここでこれまでミスらしいミスの無かったルノーチームは最大のミスを犯した。

放送では、アロンソがタイヤバリアに接触するシーン。ミハエルは上位入賞が確実、ポディウムの頂点も見えてきた。

路面はさらに乾く。やはり、ここで重要になってくるのはタイヤ交換のタイミング。上位陣は次々にドライに履き替える、、、、。そこでミハエルのペースがあがらない。彼はインターミディエイトタイヤ、つまりウェットタイヤだ。

ここでミハエルは苦渋の選択を強いられる。彼は今2位を走っている。後ろからは今年出走3戦目のマクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサ。彼のラップタイムはミハエルのそれより2秒早い。

ミハエルのタイヤはもう終わっている。

選択肢は2つ。

ひとつは2位をあきらめ、タイヤを交換し、3位入賞を目指す。もうひとつはこのままデ・ラ・ロサを抑えきり2位入賞を目指す。

アロンソはもういない。彼とのチャンピオンシップの得点差は11ポイント。

7度のチャンピオンに輝いた彼には、選択肢は意味をなさない。ひとつでも多くのポイントを得られる可能性に欠ける。

その後、3週にわたって死闘を繰り広げるが、敢え無くダウン。僕は男気を見た。

さらに後ろからはBMWのハイドフェルドが襲いかかる。ミハエルの挙動がおかしい。明らかにマシンが言う事を聞かない。ここで皇帝はフランスパンを齧ったまま(吉本新喜劇)力尽きる。

結果は、39年ぶりの優勝を果たしたホンダ。ポディウムには今年の主役と言われた奴らの姿は無い。

今年のF1は面白い。

勝つ事だけが美しい事ではないと教えられた気がした。

シビレマシタ

印刷・ホームページ制作はstudiobp

トラックバック

» 紅き皇帝 from 大脱走
 セナの死後長らく王座に君臨していたが、ついに昨年その王座をアロンソに奪われ、再起を誓った今期。しかしアロンソの後塵を拝することも多く限界説も囁かれる中、... [Read More]

» Hungaroring from Divine Foot
J.Button ようやく第3期ホンダF1とジェンソン・バトンが初優勝。 どちらもなかなか勝つことが出来ず、待ち焦がれた初勝利だった。 ... [Read More]