Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年08月26日

部屋全体がコックピット

060825.jpg遂に。遂〜に、我が部屋がコックピットになりましたぞ!(畳6畳分)

嗚呼、大阪の北の方から「うらやますぃ〜」の声が聴こえる。

大阪の下町から「ためいき」が聴こえる!聴こえるぞ!

今日、同僚のS・K氏と行ったTSUTAYAには、道中行き帰り面白い事山盛りだくさん!

「はぁ、GT FORCE PRO、新品で2万かぁ。。。」と羨望の眼差しで、「でも、今日は欲しかった漫画も、今嵌まってる漫画の新刊も買えたし良いか。。。」とレジに向かったその時!!!!!

あるではないか!庶民の見方、中古!

仕事疲れの霞み眼の先には「7480円」の値札が!!!

買うた!わし、買うたで!秀ちゃん!

そそくさと事務所に戻り、事務所に設置され、最早オブジェと化しつつある「PS2」を二人がかりで(いや正確にはほぼやってもろうた。ありがとう)外し、愛車「ホワイトファルコン号(@無印良品)」に括り付け、若者で溢れる「大きなごみ箱」こと「ア○村」を脱出!

「なに〜、あれ〜、ゲーマーが必死こいてシャカリキに自転車漕いでるYO!」

「みっともない〜、きっと社会の脱落者よ・・・・」

「ママ〜、あの人、自転車にブーブーのハンドル付けて走ってるよ〜」
「見ちゃいけません!」

そんな冷たい眼差しを抜けて、ミ○ミを脱出!

A-BOYたちの街、「オタロード」を走り抜け、バイク通りを尻目に、国道をブッチギル。

汗だくになった真夏の熱帯夜も今夜は少し清々しい。だって見てご覧。この自転車には羽根が生えているもの!

そんな思いで15分少々で自宅到着!

一人では明らかに許容量を超えた荷物をなんとか必死で部屋に突っ込む。

「やっと二人きりだね。今夜はたっぷり可愛がってあげるよ」

炬燵兼ちゃぶ台に固定し、8ヶ月ぶりの出戻りPS2。

スイッチオン!

やった〜!!!

その姿は、20代後半としては痛すぎる姿に違いない。しかも、格好も暑さのため全裸に近いのだから。

ソファベッドは瞬く間にコックピットへと変貌した。

これからのアフターミッドナイト。素晴らしい寝不足生活の始まりだ。

ハンドルのレスポンスも素晴らしい。

ほぼレースゲームしか持っていない僕だが、これらもまたイチからやり直す事であろう。

印刷・ホームページ制作はstudiobp

コメント

うれしそうな顔が目にうかぶよ。

ホテルとショットバーどっちがいい?
またあんな生きたネタ欲しいね!

>りぅ、しぅ

とにかく、やりに来い!やればわかるさ!

コメントする