Previous Page | Top Page | Forward Page

2006年11月08日

よっこら初!

puyo05.gif今日は寒い!なんて、どの人の口からも聞こえますが、こんなんで寒いッつってたら、真冬はどうすんだい!

今月に入り、病み上がり、鼻詰まりなどもあり、なんか腑抜けたスタートを切ったアタイが、「よっこらしょ」となまら重い腰を上げましたよ!
今日は、新境地開拓のため、ある業界を回りました。熱心にワタクシメなぞの意見・吹聴をご静聴賜り、非常に充実の秋の終わりの午後。今、仕事の少し手が空いたところ、まぁ来月以降訪れる怒濤を前に「今自分にできる事」を考えた揚げ句、出た結論が「人に会う!」ということ。「餅わ餅屋」の「餅屋」に会うって事!楽しかったYO!

注:写真は、なんでもすがりの神頼み業界が、「またそこかよ!」的な、「ブルータス、お前もか」的な現代社会の一幕。

冒頭で軽く毒を吐いた上で言うんもアレですが(アレって何って?大人だったらお口チャックだぞ!)僕は、「SEGA」が大好き!ま、特にゲーマーって訳じゃないし、信者でも無いんですが、「セガサターン」でハード業で失敗コイテ、ソフト業に華麗なる転換後は「やっぱセガだよねぇ」的な、非常に「確立した」ゲームメーカーとなったように思う。
華麗なる転身後もニッチな印象、一風変わった雰囲気、独特のソフト感、確立されたブランドの様に思う。
言っておこう、「それだけに、今回のCM起用はショックだぞ!SEGA!」

なんかさぁ、本人は悪くないんだけどさぁ、この人(敢えて名前は出さない)のやるCMって、ファストフードでもキウイでもデジカメでも化粧品でも雑誌広告でも、ぜ〜〜〜〜〜んぶ一緒だよね♪(←なんだこの音符わ!)
善くも悪くも色が1色しかないというか、え?これを流行りって言うんDEATHか的な、、なんというか、、、
可愛いから良いんです!っていうのって、良く聞くけど、それって人格否定にも近いよね。。。

それでも、同僚の秀氏とViViかJJかどっちか分からんが、連載中である一人二役の写真コミックみたいなヤツを腹抱えて楽しみにしているアタイも同じ穴の何とやら。

いや、話が結構かなりズレちゃったけど、言いたかったのは、そこじゃなく、て、んと、その、
あ、そだそだ、「人に会う」ってとこね、そうそう。やっぱ、色々な人と意見交換したり、専門稼業の人の貴重なご意見を聞けるって事は、非常に刺激的だよ。
んで、そこでもやっぱり話として出たのが、「適材適所、ケースバイケースだけど、如何にターゲットを絞り込み、焦点のボケない的確(と思われる)な方式を採用するか」ってとこだよね。
デザインや企画なんかも正にそうで、「コスト」だとか「納期」とか、色んな制約はあるとしても、人がいて、目的があって、その目的を媒体として伝えて、人の心に如何に訴えかけるかというところでは、いつも同じなんだよ。

良いものを作るにはお金は当然かかるけど、お金をかけたからって良いものはできない。安く作る事で効果があったとしたら、それに越した事はないけど、「安く作る」ことは、決して目的じゃない。
最近は特に情報というのが氾濫して、特に媒体の多様化や、消費者の流れの早さ、科学の進歩なんかがあったとしても、人がいて、人には心があって、人がモノを作り、人の欲求を満たす事には変わりはない。
スクランブル交差点なんかで、人の流れの中を突っ切る時に、目の前の人や、目の前の動きばかりに惑わされては次の流れでぶつかってしまう。でも、視野を広く持ち、全体の流れを見れば、ある程度の人混みの中でも、結構スイスイ交差点を突っ切れてしまうもんでしょ。
時代という込み入った流れの中で、如何に流れを自分の身につけて、スイスイ目的に辿り着けるかが大切だよね。って思いました。

見ないように見る。これは武術でもそう(らしい=武術未経験)。相手の流れを読む事。これが心の眼ってヤツですかぁ。そうすか。
んでも、今日得た教訓として、各印刷、制作業界の「大阪ではあかんわ」とばっかり言うてる人には、「まずは視野を広げてみてわ?あんたずうっと大阪におって言うてるやろ?」と言いたいッす。
少なくとも大阪にはクリエイティブをしっかり支えるだけのアイデアとそれを実現するクオリティとバイタリティはあるで。

印刷・ホームページ制作はstudiobp

コメント

キャンキャンやな、例のやつは。
てか名前よく出てくるわー。
そろそろ帰ります!

PS(P)
TKRは年内始動や!

だね!
TKRは今月始動やで!

コメントする