Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年02月19日

Break Through

070219.jpg「伊丹谷さん!ローン通りましたよ!」そんな悪夢の様な電話が鳴った。
ってなわけで、進むも地獄、戻るも地獄のクルマ購入の手はずは整っってしまった。

今から、手付金を捻出せねば。
だがしかし、金銭的な問題より、物理的な問題の方が大きい訳だが、まず来月半ばまでは確実にガレージを見つけられないので手元に届くまでは何ヶ月か先になるだろう。んで、今から希望のクルマを中古車市場から探していただかなくてはいけない。ただでさえ球数の少ないクルマの中から状態のいいものを予算内で見つけなければいけない。さて、どうなるものか。

しかし、これからの生活形態を考えるとクルマは必須である。
それに「モノを運ぶ」ことや「人を運ぶ」、「長距離移動」という実用的な言葉がこれだけ並んで選んでしまっている時点で「クルマ好き」失格である。

だが案ずるな同士たちよ。この世で一番美しいステーションワゴン「Alfa156」があるのだ。
写真のそれがそれだ。
つまりイタリア人たちは、実用的なクルマにも「官能」を求めてるんだなぁ。素晴らしきイタリアン魂だ。

最近の周囲のアルファ熱ったら凄まじいものだけど、頑張って後乗りの(いや、気持ちでは一番先乗りだが)僕が頑張るしかあるめぇ。

さてと、来るその日の為に色々準備しますか。

印刷・ホームページ制作はstudiobp