Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年02月21日

良いのが出たぜ。

070221.jpg今年のジュネーブ(行きたい)で発表されたマセラッティ・グランツーリズモ。
良いじゃない。4.2L V8エンジンで、最高出力は405hP、デザインはピニンファリーナだワッショイ!

ン?ってことは、先達て発売が開始されたアルファロメオ8cコンペティツィオーネと同じエンジンかしら?まぁ、多少なりともチューンの差はあるだろうけど。

イタリアスピードという有名なイタ車情報サイトでの情報を直訳してみます!

マセラーティは今朝最初の公式イメージを現しました、そして、GranTurismoとして知られる間、彼らの新しいクーペ・モデルに関する情報は正確に新しいスポーツカーの2週間前にジュネーブ・モーターショーでその世界デビューをします。

イメージは、デザインがスケッチするピニンファリナの週末の解放に続きます;
しかし、それがそれが4.2リットルの405bhp V8エンジンで動かされることを確認するけれども、プレス・リリースは技術的なほとんど洞察を提供しません。

新しいマセラーティGranTurismo(ピニンファリナによってスタイルを整えられる)はジュネーブMotorshowでその世界的なデビューをします−マセラーティ・プレス・リリースはありました−マセラーティGranTurismoは毎日楽しまれることができて、同時に、ドライバーを約束している、力のあってスポーツ車です。

その素晴らしい取扱い、そして、ふざけ製造そのカテゴリーの言及の1ポイントそれ。
マセラーティだけがすることができて、マセラーティGranTurismoは快適さ、材料の選択の余地と詳細に対する特定の注意で、そして、4人のための十分な場所で造られます。

新しいマセラーティGranTurismoは高性能スポーツカーです。そして、4.2リットルのV8エンジンで運転するために刺激的です。そして、405馬力と正面の49パーセントと後部の51パーセントの重さ配布を加えます。

それは自動ギアボックスを付けていて、ギアを移しているモードを駆動スタイルと駆動状況に合わせる適応制御システムを備えています。

、だそうだ。しかもこう続く。。。

三叉の会社が、そのクライアントの要求の後で、偉大なPininファリーナによって設計されてジュネーブMotorshowでその最初のグラントゥリズモ(A6)を明らかにしたとき、グラントゥリズモ概念のマセラーティの伝統は1947にさかのぼります。

それは最初のマセラーティ道車であって、58の単位で生じられました。 車は、その先進の技術的な内容のための自動車プレスによって、そして、そのアバンギャルドなスタイル・ソリューションのために絶賛されました。

新型の名前 ― マセラーティGranTurismo ― は、付帯的ではありません。 もう一度、マセラーティとピニンファリナ間の協力関係は、感情を生み出すことができて、それが造られる技術とそのユニークなスタイルのために、競争者から離れてそれ自体をセットする車の原因となります。

新しいマセラーティGranTurismoは三叉の製品範囲の完成に対する更なるステップを象徴します。そして、デトロイトで2007の北アメリカ国際的な自動車ショーでQuattroporteオートマチックの世界的な開始に続く、と、プレス・リリースが結論しました。

だ、そうだ!
よくわからんが、何となく分かった。

印刷・ホームページ制作はstudiobp