Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年02月27日

「環境」へのブランディング

070226-1.jpgあと2つのチームを残すだけとなったF1の2007年新車発表。予てからのリリース通り、新車スペックと体制を発表していたHonda F1 Racing Teamが、新車のカラーリングを発表した。
あまりに斬新で、うまくコメントできないが、オレ個人としては非常に指示を表明したいデザインだ。

常に技術の最先端を走ってきたフォーミュラワンの世界。常に環境との調和を迫られてきたフォーミュラワンの世界。最近のタバコ規制を受けて、昨年までアメリカンブリティッシュタバコをメインスポンサーとして迎えてきたHondaも、転換期に価値のある「挑戦」をしてきたものである。

070226-2.jpgこのホンダF1の新たな取り組みに対して、すでに昨年までのパートナー企業に加えユニバーサル・ミュージック社、ゲータレードブランドを扱うペプシコ社、フィラ社、IBM社、インストロン社、オリバースウィーニー社、パーキンエルマー社、昭和電工株式会社、テュフズード社、GFアジェ・シャルミー社ともパートナーシップを締結。「環境」というキーワードに多くの世界的企業が関心を示した格好だ。

以下はHondaのプレスリリースからの抜粋。

Honda Racing F1 Teamは、2007年シーズン参戦に向け、環境をテーマにした新しいカラーリングとマーケティング手法を発表した。
このコンセプトには、「チームと、それをサポートしてくださる人々が一体となり、環境問題の解決のために取り組んでいこう」という力強いメッセージが込められている。

新しいコンセプトの概要は以下の通り。

新しいマシンカラーリングの採用
マシンへのスポンサーロゴの露出を廃止※し、環境問題に直面する地球をイメージしたカラーリングとした。

イメージのライセンス化
パートナー企業に対し、マシン及びロゴの使用をライセンス化することで、マーケティングツールとしての活用を可能とした。

協賛金の寄付
協賛金(スポンサーフィーやライセンスフィー)の一部を、環境保護団体などへ寄付を行う。

ウェブサイト上でのチャリティー展開
新たに設けるウェブサイト(www.myearthdream.com)上で、一般の人々がマシンのピクセルを購入することで参加できるチャリティーを展開する。

※レギュレーションで定められているノーズへのマニュファクチャラーロゴ(Hマーク)と、全チームにタイヤ供給を行うブリヂストンロゴ、チャリティーを募るmyearthdream.comのアドレスのみマシンに施される。

これで、昨季に続き、マグレとは言わせない本気の勝利で勝利することで、Hondaの「挑戦」をより強固な意志として表明していただきたいものだ。

ま、カッコいいか悪いかで言うと、正直違和感が先行して何とも言えないところだが、それとこれとは切り離して、日本のチームとして大いに活躍してくれることを望みたいものである。
正直、TOYOTAとしては、「プリウス」で会社としてのエコの取り組みをアピールしているだけに、ブランディングではHondaに先を越されたという感じでしょうね。

印刷・ホームページ制作はstudiobp