Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年02月28日

アワヤケと高田純次

070228.jpg鬼才 羽生生純の書く新作「アワヤケ」ヤバい。ごっつヤバい。全てが壊れている。でも、それでいてググッと引きつける強さを持つのがこの作者のすごいところだ。
話は説明のしようがない。帯にはホラーだとか何だとか書いてるけど、結局読んでみて適当な言葉が見つからない。。。

「適当」で思い出したが、今週のテレビブロス、特集はやきそばかおる氏が構成された「高田純次還暦記念特集〜無責任一本勝負」だ!買え!5冊買え!

070228-2.jpg何だろう。テレビ情報誌で「痔」という単語がこんなにも出てきたことは無いだろう。
言葉で表すなら「ズキュン」であった。
表紙がまずヤバい。「ズキュン」

んで、今日夕方過ぎに買いに行った訳だが、近所のコンビニがほとんど売り切れていて困った。テレビブロスがこんなに見つからなかったのは初めてだし、なんだ!この特別定価200円ってのは!
これは東京ニュース通信社が売れると思ったに違いないではないか!

あんまり内容について書くわけにはいかないので、情熱だけでお伝えしたいと思うが、買え!んで、読め!んで、小さく畳んでパンツの中に入れておけ!それで万事オッケーだから。

印刷・ホームページ制作はstudiobp