Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年03月03日

やってやれ!だ

070302.jpg「転機」とは「=チャンス」ではないよね。いつもそう思います。
「思えばあの時は転機だった」なんて結果論で語られるし、「よしチャンスだ!」と思ったと時に、ものすごい力で引き寄せるパワーが出せる。そんなもんだと思う。

なぜこんな事を書くかというと、「転機」を待っている奴らが多いから。頑張っていればいつかはチャンスが訪れると「チャンス=転機」と信じきってる奴らが多いから。
生まれた境遇、環境、人によって条件は違うんだ。だからオレは他人に対してとやかく言わないけどね。

常に計算して考える。特定のターゲットに狙いを定め、力を蓄える。千載一遇のチャンスに思いっきりブチかます。そういう生き方が凄いロックだと思うし、オレの生き方として望ましい。オレの人生、転機だらけだ。転機予報が欲しいくらいだ。昭和のダジャレだ。
「〜したいなぁ」って思った時って「チャンス」なんだ。キッカケはなんだっていい。
オレは器用じゃないし、そんなにうまくできる自信もない。ってそう思いながら20数年間過ごして来たけど、はっきり言って甘えだった。やった事もないヤツに器用さなんてなくて当然だ。成功してないんだから自信なんかなくて当たり前だ。グズグズ言わず「やってやれ!」なんだ。

そうそう、話は変わるが今日はいい言葉を聞きました。「モノを創る所はヒトを創る所でなきゃいけない」その通りだと思う。
最近、当然だけど考えて動かなきゃいけない事ももちろん多い。当然一人でやっている訳じゃない。
さっきのいい言葉のことだけど、オレが思ったのは、誰かを育てる所なんだっていう事だけじゃなくって、そういう気持ちを持ってモノを創るってことが、自分を含め、周りの人も育てて行く事なんだなと思う。そしてヒトが育つ所でないといけないんだと思う。

何でも経験しなくても知り得てしまうこの世の中、テーマは「やってやれ!」だ。
ちなみに冒頭の写真に深い意味はないです。ただ驚いただけ。

みなさん、Have some nice experiences!チャオ!

印刷・ホームページ制作はstudiobp