Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年04月09日

あ、ダメ、死んじゃう!

070409.jpgってくらい胃酸が多量に出てる。久しぶりだな。
先週木曜から色々ありまして、もう東京に来て半年は経ったかなと思ってしまうくらい。事務所兼住居の生活スペースも、あり得ないくらいの生活感です・笑

今日はよく雨が降る。と思ったら止んでる。そんな一日。相変わらず家の中から見る外の雨の風景は大好きです。ちなみに雨の中を歩くのは嫌いでしたが、少し好きになりました。
ちなみに薬を飲むのは今でも嫌いです。だって、胃薬で胃は荒れるし、なんならお肌の保湿クリームでも肌が荒れるんだぜ。

今週、大阪に2、3日戻ることになりましたが、ちょっと厄介な事もあってかバタバタして終わりな感じの様な気がします。
もう4月も半ばにさしかかってきているのに寒いですね。皆さん、ご自愛を。

話は変わって、昨日のマレーシアグランプリ。今年、まだ2戦目にしてマクラーレンvsフェラーリという構図が明確になってきました。今年はルノー、ホンダともに中段グループ(しかも下の方)に。。。

なにより、参戦2戦目のマクラーレンの秘蔵っ子、ルイス・ハミルトンの活躍は目を見張るものがあります。昨日なんて、初めの5周でレースは決まったと言っても過言ではない。ハミルトンの仕事は、勝利にも値するよ。
あと、興味深かったのが昨日は苦戦を強いられたフェラーリのライコネンとマッサ。この2人のドライバーの存在が、あまりにも今までのそれぞれの「ドライバーらしさ」を浮き彫りにする様なものだった。我慢のライコネン、不運のマッサ。特にマッサの方はよく言えばチャレンジング、悪く言えば負けず嫌い先行、ラテン気質のブラジル人って感じ、しかし温厚なフィンランド人のライコネン。
勝負は結果が全てだ。相反する二人のドライバーが駆る最速フェラーリと、チーム一丸となって突き進むバランスのいい相性のドライバーが駆るマクラーレン。

ここ最近では見られなかったチーム力の戦いになるであろう今年のシーズン。非常に楽しみ!

ってなことで、さっさと仕事に戻ります。

印刷・ホームページ制作はstudiobp