Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年04月15日

ケジメって

070415.jpgそんな当たり前のことを口に出さないといけないのがそもそもの間違いなんだよ!
おおっと。のっけからこんなんでスイマセン。iDです。

腹ん中に消化不良の何かが残っているそんな感じ。それを「ストレス」と名付けた。そいつをぶっつぶし前に前に進むのが「人生」なのだ。えっへん!
この仕事(独立家業)を初めて、自分でお仕事をする人には大きく分けて2種類のタイプがあることに気づいた。

それは、「ダメそうだけどできる人」と「できそうに見えてダメな人」だ。

もちろん、オレは前者であってほしい。いや、そう思わないとやってらんないもんだけど、物事ってちゃんとやればいいってもんじゃない。当然他人も関わってのことだし、ましてや好きなこととは言え、それで飯を食っていかないことにゃあ誰も相手してくれないしさ。
でも、誤解を恐れずに言うならば、仕事できる=飯食える能力とはまた別もんなのよね。

ハッキリ言って、できないことは人にやってもらえばいい。自分の目的があって、一人でも何人かででもそれを遂行する為には、一人の能力ってそんなに重要じゃない。一人でやるんだったとしても、1から10まで自分一人でできる必要は無い。
・・・でもよ、やんなきゃいけないこともある。守らなきゃいけないルールがある。それって明確に教えてもらえることや、六法全書に書いている様なことじゃない。悪いことをしたら「ごめんなさい」って言う様なもので、それで社会は成り立ってんだよな。

さっきの「できそうに見えてダメな人」ってのも、幾つか種類が会って、「口ばっかの人」「頼ってばっかの人」ってのが多い気がする。自分がそんなに可愛いんなら、せめて大手振ってこの社会にのさぼらないでほしい。端から見る他人の評価っていつもその辺が曖昧だ。社会はキャバクラじゃネェゾ!
○○っとかって言い訳ほざいてる前に、仮病使って逃げてないで、やらなきゃいけないことはやりなさい!借りたものは返しなさい!朝はしっかり食べなさい!酒ばっか呑んでないで、寝なさい!・・・・ハイ。

印刷・ホームページ制作はstudiobp