Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年04月18日

眠らない街、眠らないオレ

070418-1.jpg東京に来て早くも1ヶ月。この1ヶ月のうちに蒔いた種もスクスクと成長し、何とか周りの人たちに生かされている実感とそれなりの焦燥感の中、どうもiDです。
先日、ひょんなことからレンタカーを借りることになり、返却まで数時間余ったので、夜中の1時過ぎから闇の中きらめくTOKIOの喧噪に身をSUBARUレガシィで包み込み滑り込んだ。

まず、コインパーキングにレガシィを取りにいくと、真っ青なマセラティ2500GTと並んでいる。
あかん、こっちに乗りたい。レガシィ、いらん。

070418-2.jpg走り出したレガシィはAWDで、ディプトロニック仕様の本格的な走りが楽しめた。国道246をグランツーリスモの有名な市街地コースさながらに渋谷方面から六本木まで駆け抜ける。
こっちに来てから東京タワーを見に行っていない。もとより、渋谷以東に行っていない。

ナカマヨーのギロッポンはシースーもイークーワリオーのデーハーなチャンネーたちとチョーシャーチューレンもキタクーでワリトーシズカーだったお。(訳:真夜中の六本木は締めのお寿司も召し上がり終わったお姉様と会社のお偉いさん方もお帰りになられたようで、割と静かでした。

070418-3.jpg見えてきたのは東京タワー、僕とレガシィと時々オマワリ。そう、このお巡りくんたちが後に大事件?へと発展する。
しっかし、大阪と違って東京の道はアップダウンもあり、道もワインディングしており、スポーティーなクルマでかなり楽しめる。先述のグランツーリスモで選ばれたコースである。

しっかし、曲がりくねった道の先に見えているオレンヂの鉄塔になかなか近づけない。オレはカーナビなんかに頼らない。

070418-4.jpgで、やっと着きました、東京タワアーー。ここでは測道にクルマを止め、見上げる。デケェな。デカイものをみると、自分のちっぽけさを再確認できる。

真夜中だというのに、アベックだのボーヤンだのがたむろしてる。アベックなんかチュパチュパである。いいんだ。オレにはレガシィがいる。コイツはオレをスポーツシートで優しく包んでくれるし、無茶な要望にでもしっかり応えてくれる。しかも、キセノンヘッドライトで行方を明るく照らしてくれる。いいじゃないか、キセノン。やるじゃないか、SUBARU。さすが日本のBMWといわれるだけのことはある。

070418-5.jpgんで、最近オープンした巷で話題の“東京ミッドタウン”である。なんか偉そうだ。何だコイツ。しかも暗いからよく分からん。
さすがにここは昼間に来なけりゃ分からんな。ま、とりあえず来たってことで。

で、“東京ミッドタウン”ってなに?よく分かんない。オデ、イナカモンダカダ。

070418-6.jpgさて、ここで事件発生。さきほどのオマワリカーが後ろにつけてる。明らかにつけてる。「これじゃ気になって事故っちゃうよ!」と左折してバイバイしようと思った矢先、曲がった先にもオマワリカースタンバイ!なに?オレなんかした?タイーホ?マジ?どうすんの?
以下、オレVS国家権力

国権A「はいはい、ちょっと窓空けてもらっていいかな?何してんのこんな時間に?」
オレ様「東京観光でっす!」
国権B「はぁ?何言ってんの?ちょっといいかな?とりあえず降りてくれる?」
オレ様「任意すか?」
国権A「任意も何もないよ!こんな時間にレンタカーでうろうろしてたら怪しいから調べさせてもらうよ。」
オレ様「ほほう。どぞどぞ。怪しいねぇ。善良な区民捕まえて」
国権B「はい、手挙げて」
オレ様「え?手?」
国権B「ちょっとポケットの中調べさせていもらうよ。」
オレ様「エ?ちょっと!あ!おまわりさん、オレのことブローカーかプッシャーと勘違いしてっしょ!」
国権A「そりゃあんた!こんな時間にレンタカーでウロウロしてて、ほら何回もすれ違ったでしょ?そりゃ、こっちとしても調べなきゃいかんよ!」
オレ様(・・・ワクワク)「そんなもんすか?まぁ、お仕事ですもんね。どうぞどうぞ。」
国権B「はい、クルマに手、ついて。クルマの中も調べさせてもらうよ!」
オレ様「アメリカみたいですね?」
国権A「行ったことあんの?」
オレ様「無いです・・・・・」

ポッケをまさぐり、クルマをまさぐり、嗚呼、国家権力に侵されていくオレとレガシィ

オレ様「パンツの中には何も隠してないですよ!」
国権A「立派なもんあるじゃない!」
オレ様「立派ですよ〜!」(・・・コイツらうざい)

免許書、その他、くまなく調べられ、当然だが潔白を証明。

オレ様「記念に写真とってもいいですか?」
国権B「写真は困るよ!」
オレ様「なんで?いいじゃん顔写さないし」
国権A「ダメだよ!おまわりさん困るよ!」
オレ様「(・・・自分のことオマワリとか言うなよ)わかりあした。あいさーせん。」

悔しいから、バックミラーに映っている彼奴らをパシャリン!

そんなこんなで、楽しい東京の夜の闇にオレとレガシィダイブイントゥカオス!

そこから赤坂、乃木坂トンネル、青山と心霊スポットを通り抜け、岐路へ。楽しかった〜。

印刷・ホームページ制作はstudiobp