Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年10月11日

創造は破壊だ。

イマジネーションは、既成概念や思い込みを破壊してくれる。「道を歩いていて横たわる物体。猫だと思って近くに寄っていくとクロワッサンだった!」実際に起こりうるシチュエーション。でも、この「クロワッサン」って言う発想は普通の人には無い。「道に落ちているランキング」でランクインしそうも無いものを誰が発想しようか。また、こんなことを学校のクラスの「終わりの会」で発表しようもんなら、いじめられること請け合いや。いや、何でいじめられなあかんねん。

071010.jpg「でっかいちくわ買ってきたからくぐろうぜ!」
そんな言葉うぃ聞くたびに、「あぁ、やっぱ好きやなぁ」と思わせるおおひなたごう先生の新刊(といっても結構前のやつ)の『銀河宅配便マグロ』。ヤンジャン連載中の「犬のジュース屋さん」、テレビブロス連載中の「超能力少年アビル」もしっかり週刊単位で読んでるぞ!

元来、オレの本当に好きなものって、こうやって公にできるのも最近のことだ。一昔前なら完全に誤解されていた。親がオレを冷たい目で見た。ナ○パもんのビデオが好きな身内にさえ(オレは嫌いだ!)冷たい目で見られた。
初めて買ったCDは筋肉少女帯のアルバムですが何か?
愛読書は「月刊ムー」ですが何か?

でも、共鳴しあう連中も実は多いはずだ!(でも連絡はしてくるな。迷惑だ)
そんなボキでも、幸せに暮らしてますが何か?

いや、別に最近やさぐれているわけではないよ。表現の自由だ。日本国民に与えられた権利を行使しているだけだ。いいじゃないか、誰にも迷惑はかけていない!・・・・と思う。

おおひなた先生。頑張って下さい!みんなチェケラだ!

印刷・ホームページ制作はstudiobp