Previous Page | Top Page | Forward Page

2007年10月23日

感情の上辺

親、unkownの歯痛に悩まされています。バファリンで沈痛しながら今年一番の繁忙期の気配。

さてさて、困ったさんとはゴキブリ並みの生命力でどこにも存在するもんですが、その困ったさんの中でもさらにタチの悪い「陰口」を言うゴキブリ以下の困ったさん。

まぁ、カゲで言うから「陰口」なんであって、面と向かって言えないからカゲで言うんだろうけど、そういうのって必ず耳に入ってくる。だって聞かされた方は、ましてや「そんなこと聞かされても」的な人からすれば堪ったもんじゃないからね。胸の内にサッとしまっておくなんて体に悪いしね。
まぁ、そして、さらに困ったところは、こういう場合ほぼ100%の確率で、本人は「陰口」だと思っていないのよね。はぁ、タチ悪いし、寝付きも悪いわ!ボケ!

結局は、どんな困ったさんも「意思の弱い人」なんだと思う。そう思えば悲しくなるよな。
浮気癖のある人も結局「この人となら死んでも良い!」と思えるほどの強い意志を持たないで結婚したりするから簡単に浮気できちゃうんだろうな。この場合、「そう思えるほどの人が少ない」とかっていう類いの話ではなく、根本的に人を信用できないというか、人に対して一生懸命になれない人が多いんだろうな。
そういう人に限って感情の上辺だけは優しかったりする訳だから、浅い付き合いの人からは「いい人」という評価を得て、本人もその評価に自己実現(=マズローの理論)を達成するという訳だ。(浮気された経験がある人なら分かるだろうが、人は後ろめたいことがある時ほど優しいもんだ。)

でもそんな評価はあってない様なもんだから、簡単に崩れ去る。そうなるとどうだろう。否定に対する評価の補完は、他人に八つ当たりをし、悪口を言って(あくまでも自分の中で)評価を下げることで自分の薄っぺらいプライドを守ろうとするのだ。なんてずるい生き物なんだ!

皆さんも是非気をつけて頂きたい。口ではイッチョ前のことを言って、いざ蓋を開けてみて「?」と一瞬でも思ってしまった時から、その人に対して懐疑的なることこそが自分の身を守る術かもしれない。
オレはハッキリ言って、あまり多くの人と付き合うことが出来ない。それは浅く広くなんて出来ないからだ。真剣にしか付き合えない。ヤマダ電機の店員だって、学校の先生だって、バンドのメンバーだって、仕事の付き合いだって。人間関係なんてハイタッチひとつで築き上げられるもんではないと思っているし、ひとつひとつの強い繋がりこそがひとつの大きな固まりになると信じるしか生きていく術を知らない。って書いてみて恥ずかしくなって消しそうになったが、本音やね。

ある人がオレに言った。「必要のない人はやがて自分の前から必ずいなくなる」て。
でも必要な人は何年経っても必ず巡り会う訳だ。

まぁ、何にしても愛のない行為は犯罪にしろ人間関係にしろ仕事にしろ最低だな。文句あればどうぞ直接言って下さい。喜んで謹んでお受けします。

直接言えない内はいつまでも負け犬のなんとやらなんだね。

あ、でも人生ってやり直しは利くからハラ括ってやり直せば良いさ。

印刷・ホームページ制作はstudiobp