Previous Page | Top Page | Forward Page

2008年05月06日

悔しいが仕方ない

日本のモータースポーツの将来は暗い。

環境問題だとか、色々言われていますが、なんだかんだ言ったって、人間が何かをやる以上、最も必要なのは『情熱』以外、何ものでもない。

男の土下座が、ただの免罪符である訳が無い。

2年4ヶ月の日本のレース魂。2年4ヶ月続いたのか、2年4ヶ月しか続かなかったのか。
誰に頼まれる訳でなく、自分で選んだ道なんだから、後悔は無いだろう。だけど、悔しいだろう。

SAを切り捨てたHONDAよ。チャンピオンにならなきゃ許さん人たちが増えたよ。頑張ってくれ。

亜久里さん、琢磨くん、アンソニー、お疲れさまでした。あなた方二人が、形はどうあれ、またパドックに戻ってきてくれることを心からお待ちしております。

琢磨の、いや、SAの最初で最後の名シーン。(必見)

以下、鈴木亜久里代表のプレスリリース

「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4カ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった」

「多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した」

「その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断を下すこととなった」

「ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」

印刷・ホームページ制作はstudiobp