Previous Page | Top Page | Forward Page

2008年06月10日

3G iPhone 時代はババ抜き

080610.jpgご存知の通り、ソフトバンクよりiPhone(アイフォーン)の販売が決定しました。
詳しい情報はコチラ

特筆すべきは、8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドルでの販売。
これは単純に、「安いですよ!買えコラ!」的な発想ではない。おそらく副次的な収入を見込んでのことだろうが、これは完全にテクノロジーを金銭的な価値で置き換えるだけの時代の終焉。

これからの時代、「情報化社会」という言葉は、最早手垢に塗れた死語に値するが、オレはある種、新しい形の「戦争」、そしてこういったガジェットたちは「武器」だと思う。それは、株やインターネットだけの世界だけではなく、極端に言えば、八百屋で良い人参を買う為といった局面でも同義だ。

よく、仕事関係でお会いした方々に「良く色々とご存知ですね」といわれるが、「まぁ、ネット関係の仕事もやっているんで」なんて適当に建前で答えているが、本音は「え?だって戦争ですよ?」です。
でも、良くご存じったって、専門家の知識には当然遠く及ばない。より専門的なことに関しては専門家に任せればいい。エキスパートになるのは自分の専門の分野だけでいい。しかし、それにまつわるエトセトラを考えると、自分の専門分野に関していえば、「経済学」「政治学」「心理学」「行動学」「情報学」など、2次的に関係のある分野は無視できない。

断言できるのは、暴力で行使する原始的な時代は終わり、知識と情報を元にババ抜きをやっているような時代が来たってこった。
その辺りは、本屋にでも行けば、その専門分野の方々の書籍が発売されているので、言わずもがなだ。

正しい言語を身につけ、自分で定めた倫理観と知識基準を元に、限られたカードを手元に置き、見知らぬ相手とババ抜きをしている時代なんだよね。
無知を棚に上げ、他人任せにしているとすぐに「ババ」が手元にくるよ。

面白いテレビを見る為にテレビガイドを手にするように、自分の目的に合わせて最適な知識や情報を得ることは、言わずもがなだ。

え?iPhoneと今の話、何が関係あんの?って?
単純なことですよ。テレビに対して、いいテレビガイドが出来たってのと同じこと。使うのも人間、使われるのも人間。要するに人間次第ってことは言わずもがなだ。

あと、敢えていっておくが、別にオレはApple信者ではない。ソフトバンクの回し者でもない。ただのデザイナーです。あ、その前に21世紀のアジアの島国のイチ日本人です。

印刷・ホームページ制作はstudiobp

トラックバック

» 7月11日発売の「iPhone 3G」 from 東京からの物欲日記
噂通り、WWDCにて「iPhone 3G」が発表されました。 特徴をいくつかあげてみますと ・正式名称は iPhone 3... [Read More]