Previous Page | Top Page | Forward Page

2008年06月03日

価格高騰、原材料費高騰。

080603.jpg

各方面で値上げ値上げの大ラッシュでガソリンもバカらしくて車を買う気も失せる昨今。
あ、ちなみに、昨日の記事には各方面でお叱りの声を多数お寄せいただきましたが、これも原材料費高騰により、王将の持ち帰り容器も有料化の運びになった、店員側のせめてものサービスだと受け止めております。はい。

そんな中、いつかは!いつかわ!と思っていた、スピーカーと言えば「B&W」「B&W」と言えばスピーカーの、有名メーカーも販売価格改訂の様子です。

どんなデザインじゃい!と思った方も多いかと思いますが、良く見てください。このスピーカーの形状。人間の蝸牛の形をした、非常に音に対してしっかり設計されたスピーカなんですよ!

この度、弊社が取り扱いをしておりますNautilus(ノーチラス)につきまして、希望小売価格を改定させていただきます。弊社といたしましては、過去、B&W社からの仕入れ高騰分を吸収できるよう努力し、世界でもっともリーズナブルな価格で、日本のマーケットに、長きに渡って提供させて頂きましたが、昨今の為替レートの大幅な変動に加え、B&W社の、今回の想像するのが困難な製造コストのUPにより、今後のB&W社からの仕入れ価格が大幅に高騰することが避けられません。

その結果、弊社といたしましては、現在の価格を維持することが到底困難な状況となりました。つきましては、2007年7月1日より新規受注分のNautilus(ノーチラス)の希望小売価格の改定を下記のように実施させて頂きます。 (マランツHPより)

非常に残念だけど致し方ない、これが時代というものにございますが、その価格たるや、
¥4,800,000 → ¥11,000,000

こんなに上げなきゃいけなくなるまで、企業努力によりリーズナブルバリューをお届けしてくれていたB&W = Bower & Wilkinsには頭が上がりません。王将も見習ってほしい!

って、買えるかー!買うなって言ってんのとおんなじやんけ!

印刷・ホームページ制作はstudiobp